前回の記事:
AWSを使ってみよう!(その6) - S3のライフサイクル(バージョン管理のコスト削減)
http://www.pressmantech.com/tech/aws/3521

こちらの記事で、
一定期間が経ったオブジェクトを
Glacier(低コストのストレージサービス)
に、『自動保存』しました。

また、以下のように記しました。
『Glacier』ですが、復活するには、時間が掛かります。
こちらは、今後紹介したいと思います。

Glacierは、
『低コストのストレージサービス』なのですが、
直ぐにオブジェクトを取り出すことが出来ません。

Glacierに保存したオブジェクトにアクセスするは、
オブジェクトを復元する必要があります。

復元するには、時間も掛かります。
(3から5時間)

AWSで規定された量を超える復元を行う場合、
料金も発生します。
(データを復元する場合は、ご注意下さい)
高額になる場合もあります。

詳細は、
以下の料金を参照して下さい。

Amazon Glacier
https://aws.amazon.com/jp/glacier/

それでは確認してみましょう。。。

1.対象のバケットを開き、『バージョン』を『表示』します。
s3_ls_07
『バージョン』が表示されます。

2.対象を選択し、『復元の開始』を選択します。
s3_ls_08
『ストレージクラス=Glacier』が対象です。

3.アクセス出来る日数を設定します。
s3_ls_09
いろいろと注意事項がありますね。。。

s3_ls_10
完了と表示されていますが、
3から5時間後にアクセス出来ます。

どうでしょうか。

オブジェクトにアクセス出来ましたか?

先ほど、指定した日数を経過すると、
『Glacier』に戻ってしまい、アクセス出来なくなります。

アクセス出来ない場合に、
ダウンロードすると、以下のメッセージが表示されます。

The operation is not valid for the object’s storage class

最後に、『料金的な注意点』です。

『復元の開始』において、
以下の記述がありました。

『ある月の月平均ストレージの 5%(日ごとに案分)を超えるデータを復元する場合は、Glacier 検索料金をいただきます。』

上記記述のリンクから、以下の内容が確認出来ます。

ある月の月平均ストレージ=12TB

その日に無料で取り出せるのは、
最大 20.5 GB です(12 TB x 5% / 30 日 = 20.5 GB、その月の日数が 30 日の場合)。

なるほど。。。

12TB
使っていたら、
20.5GB/日
は、無料で取り出せるのかぁ。。。

それでは、
有料だったら、料金はどのくらいか。。。

同じページに、例がありました。

ある月の月平均ストレージ=75TB

取り出したいデータ量=140 GB

ピーク取り出しレート(取り出したいデータ量)=140 GB/4 時間=35 GB/時間
※1 つの取り出しジョブは 4 時間で完了(想定)

無料で取り出せるデータ量=128 GB/4 時間=32 GB/時間
※128 GBは、75TBの5%

請求可能なピーク取り出しレート=35 GB/時間 - 32 GB/時間=3 GB/時間

<基本データ>
取り出し料金=0.01 USD/GB
1 か月の時間数(30日として)=720時間

支払額
= 請求可能なピーク取り出しレート × 取り出し料金 × 1 か月の時間数
= 3 GB/時間 × 0.01 USD/GB × 720 時間
= 21.60 USD
= \2,592-
※1USD=120円

計算、なかなか、難しいですね。

5%の無料枠を超えると、料金が結構掛かるようですね。

じゃあ100GBだったら?
1TBだったら?
ということになるかと思います。

上記のリンク先を参考に、数字を当てはめてみて下さい。

こわい、計算結果が出てくるかもしれません。

さらに、
『90 日経過前に削除されたアイテムについては、0.0342 USD/GB の案分料金をいただきます。』
とのこと。

これも、こわそうです。

Amazon Glacier – 料金
https://aws.amazon.com/jp/glacier/pricing/

Glacier
は『低コストのストレージサービス』なのですが、
用途により、使い方を変えた方が良さそうです。

 以下にAWSがアピールしているメリットを記します。

 耐久性
 オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/details/#durability

 低コスト
 お支払いは必要な分だけ。最低料金や前払い料金はありません。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/

 可用性
 Amazon S3 は、1 年でオブジェクトの可用性が 99.99% になるように設計されています。

 安全性
 Amazon S3 は、SSL でのデータ転送と、アップロード後のデータの自動暗号化をサポートします。
 http://aws.amazon.com/s3/details#security

 イベント通知の送信
 Amazon S3 は、オブジェクトがアップロードされたときにイベント通知を送信できます。
 https://aws.amazon.com/s3/details/#events

 高性能
 Amazon S3 は、ネットワークのスループットと回復性を最大化するのに役立つマルチパートアップロードをサポートし、
 エンドユーザーに近い AWS リージョンを選択してデータを保存することでネットワークレイテンシーを最小にできます。
 また、Amazon S3 は、レイテンシーが短く、データ転送速度が速く、最低使用料のないエンドユーザー向けの
 コンテンツ配信ウェブサービスである Amazon CloudFront と統合されます。

 統合済み
 Amazon S3 はその他の AWS サービスと統合されているため、Amazon S3 のデータを簡単にアップロード/ダウンロードでき、
 さまざまな AWS サービスを使用するソリューションの構築が容易になります。
 Amazon S3 の統合には、Amazon CloudFront、Amazon Kinesis、Amazon RDS、Amazon Glacier、Amazon EBS、Amazon DynamoDB、
 Amazon Redshift、Amazon Route 53、Amazon EMR、AWS Lambda が含まれます。

 使いやすさ
 Amazon S3 は、ウェブベースの管理コンソール、モバイルアプリケーション、完全な REST API や SDK と合わせて使用でき、
 サードパーティ製のテクノロジーと統合するのも簡単です。

AWSを使ってみよう!の連載一覧(全21件)

※作成から2年前(760日経過)の記事です。内容が古い可能性があります。
東京都東日本橋の株式会社プレスマンPRESSMAN*Tech