前回の記事:
AWSを使ってみよう!(その10) - AWS re:Invent 2015が開催中です!
http://www.pressmantech.com/tech/aws/3814

AWS最大のコミュニティイベント
AWS re:Invent 2015
も終了し暫く経ちましたが。。。

その間というか、その後にも、様々な発表が続いています。

週間AWS - 2015年10月5日
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/10/aws-week-in-review-october-5-2015.html

週刊AWS - 2015年10月12日
http://aws.typepad.com/aws_japan/2015/10/aws-week-in-review-october-12-2015.html

そして、
AWSサイトでレポートとして、基調講演の内容を紹介しています。

AWS re:Invent 2015 現地レポート(10/7)
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/reinvent_report_20151007/

この中で、

1.なぜクラウドに人が集まるのか
『6の理由』

2.なぜ人々はクラウドに情熱的なのか
7つの自由

を、紹介しています。

『6の理由』では。。。

最後に、
『世界進出を瞬時に実現すること』
としてます。

AWSの説明で、
『初期費用なし、使った分だけの費用』
と、よく聞きます。

『初期投資なしで始めて
世界規模に成長しても使えますよ』
ということなんですね。きっと。。。

『7つの自由』では。。。

既存の様々なサービスと
今回発表されたサービスとを
『7つの自由』に当てはめて
紹介しています。

今回は、ここまで。。。

2015/06/05に
投稿した、以下の記事に、AWSコンソールの画像があります。

AWSを使ってみよう!(その1) - アカウント作成からWEBサイトの公開

AWSを使ってみよう!(その1) – アカウント作成からWEBサイトの公開

今回、大幅にリニューアルされています。
アイコン増えてますね~
(コーナーが変更された機能もありますが)

2015/06/05投稿時
aws12_01

2015/10/23投稿時
aws12_02

大変な、パワーを感じます。。。

 以下にAWSがアピールしているメリットを記します。

 耐久性
 オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/details/#durability

 低コスト
 お支払いは必要な分だけ。最低料金や前払い料金はありません。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/

 可用性
 Amazon S3 は、1 年でオブジェクトの可用性が 99.99% になるように設計されています。

 安全性
 Amazon S3 は、SSL でのデータ転送と、アップロード後のデータの自動暗号化をサポートします。
 http://aws.amazon.com/s3/details#security

 イベント通知の送信
 Amazon S3 は、オブジェクトがアップロードされたときにイベント通知を送信できます。
 https://aws.amazon.com/s3/details/#events

 高性能
 Amazon S3 は、ネットワークのスループットと回復性を最大化するのに役立つマルチパートアップロードをサポートし、
 エンドユーザーに近い AWS リージョンを選択してデータを保存することでネットワークレイテンシーを最小にできます。
 また、Amazon S3 は、レイテンシーが短く、データ転送速度が速く、最低使用料のないエンドユーザー向けの
 コンテンツ配信ウェブサービスである Amazon CloudFront と統合されます。

 統合済み
 Amazon S3 はその他の AWS サービスと統合されているため、Amazon S3 のデータを簡単にアップロード/ダウンロードでき、
 さまざまな AWS サービスを使用するソリューションの構築が容易になります。
 Amazon S3 の統合には、Amazon CloudFront、Amazon Kinesis、Amazon RDS、Amazon Glacier、Amazon EBS、Amazon DynamoDB、
 Amazon Redshift、Amazon Route 53、Amazon EMR、AWS Lambda が含まれます。

 使いやすさ
 Amazon S3 は、ウェブベースの管理コンソール、モバイルアプリケーション、完全な REST API や SDK と合わせて使用でき、
 サードパーティ製のテクノロジーと統合するのも簡単です。

AWSを使ってみよう!の連載一覧(全21件)

※作成から2年前(784日経過)の記事です。内容が古い可能性があります。
東京都東日本橋の株式会社プレスマンPRESSMAN*Tech