PRESSMAN*Tech

HTML5, CSS3からWordPress, AWS, Docker, Node.jsまで。プレスマンのスタッフが綴る技術ブログ。

AWSを使ってみよう!(その13) - CloudFrontの設定(S3 + CDN)

突然のアクセス増、うれしいですけど、
サーバーが耐え切れるか、どうか不安ですよね。

AWSには、CloudFrontと呼ばれる
CDN(Contents Delivery Network)サービスが、用意されています。

Amazon CloudFront
https://aws.amazon.com/jp/cloudfront/

コンテンツデリバリネットワーク
CDNとは、Content Delivery Network(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の略で、
世界中に張り巡らされたサーバ(CDN配信プラットフォーム)を通して、
コンテンツにアクセスしようとするエンドユーザに最も近いサーバから効率的に
配信する仕組みのことです。
www.cdnetworks.co.jp/about/

それでは開始です。。。

1.まずは、ディストリビューションを作成します。
cf_01

2.Webを選択します。
cf_02

3.詳細内容を設定していきます。
cf_03

cf_04

cf_05

cf_06

Origin Domain Name
コンテンツを置いてあるS3のバケットを選択します。

Object Caching
変更します。(=Customize)

Maximum TTL
300(Sec)

Default TTL
300(Sec)


Object Caching,Maximum TTL,Default TTL
の設定で、キャッシュ時間が5分(300秒)になりました。

Alternate Domain Names
CNAMEレコードの名前になります。

Default Root Object
最初に読み込ませたいファイル名を指定します。

4.これで終わりです。
cf_07

Deployedになるまで、暫く待ちます。
Deployedになったら、ブラウザからDomain Nameで接続されることを確認します。
CNAMEレコードに、Alternate Domain NamesとDomain Nameを指定すると、
Alternate Domain Namesで接続が可能になります。

今回は、S3をオリジンとしましたが、
EC2で作成したWEBサイト等も設定可能です。
※サイトによって、様々な設定が必要な場合もあります。

 以下にAWSがアピールしているメリットを記します。

 耐久性
 オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/details/#durability

 低コスト
 お支払いは必要な分だけ。最低料金や前払い料金はありません。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/

 可用性
 Amazon S3 は、1 年でオブジェクトの可用性が 99.99% になるように設計されています。

 安全性
 Amazon S3 は、SSL でのデータ転送と、アップロード後のデータの自動暗号化をサポートします。
 http://aws.amazon.com/s3/details#security

 イベント通知の送信
 Amazon S3 は、オブジェクトがアップロードされたときにイベント通知を送信できます。
 https://aws.amazon.com/s3/details/#events

 高性能
 Amazon S3 は、ネットワークのスループットと回復性を最大化するのに役立つマルチパートアップロードをサポートし、
 エンドユーザーに近い AWS リージョンを選択してデータを保存することでネットワークレイテンシーを最小にできます。
 また、Amazon S3 は、レイテンシーが短く、データ転送速度が速く、最低使用料のないエンドユーザー向けの
 コンテンツ配信ウェブサービスである Amazon CloudFront と統合されます。

 統合済み
 Amazon S3 はその他の AWS サービスと統合されているため、Amazon S3 のデータを簡単にアップロード/ダウンロードでき、
 さまざまな AWS サービスを使用するソリューションの構築が容易になります。
 Amazon S3 の統合には、Amazon CloudFront、Amazon Kinesis、Amazon RDS、Amazon Glacier、Amazon EBS、Amazon DynamoDB、
 Amazon Redshift、Amazon Route 53、Amazon EMR、AWS Lambda が含まれます。

 使いやすさ
 Amazon S3 は、ウェブベースの管理コンソール、モバイルアプリケーション、完全な REST API や SDK と合わせて使用でき、
 サードパーティ製のテクノロジーと統合するのも簡単です。

投稿者:abe

abe の紹介

インフラを担当しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に働きませんか?

株式会社プレスマンでは、AWSが大好きな方、仕事を通してさらにスキルを磨きたい方を募集しています。まずは募集職種をご覧の上、お気軽にお問い合わせください。あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

プレスマンの採用情報を見る →

コメントは受け付けていません。

▲ 先頭へ戻る