東京リージョンにAPI gatewayがやってきたので、どのくらい速くなるのか試してみました。
lambdaに{"hello":"world"}と出力されるだけのスクリプトをnode.jsで仕込んだものを東京とオレゴンに作り、それぞれを東京とオレゴンのAPI gatewayにgetメソッドで仕込んで呼び出しました。
レスポンスにかかった時間は以下の通りです。

tokyo -> tokyo(ms)tokyo -> oregon(ms)oregon -> oregon(ms)oregon -> tokyo(ms)
1282730547984
267491131552
370551116818
453542138387
570490119796
660576386845
778389115586
887525114490
963482434516
1051557119779
おそらく太平洋を渡っている回数0224

当たり前ですがやはり、東京リージョン内で完了しているとぶっちぎりで速いです。1回目はやっぱり時間がかかっていますが。
その他、色々考察はできそうですが、tokyo->tokyo以外選択の余地はないのでどうでもいいですw
Lambdaでpythonで使えるようになりました。そうするとAWSのSDKがあるPHPやRubyなんかもそのうち使えるようになるのかなと。
また、LambdaにVPCも実装予定で、そうするとRDSへ外部を通らずにアクセスできるようになりますし、サーバーレスが捗りそうです!

※作成から2年前(798日経過)の記事です。内容が古い可能性があります。
東京都東日本橋の株式会社プレスマンPRESSMAN*Tech