店頭カタログアプリ

梅雨入り、大雨の日曜日、街をブラブラ。
プレゼン方法を変えようかと、iPad用のプロジェクタケーブルを買いに、銀座のアップルストアへ。

アップルストアには、製品のヨコ、周辺に、印刷した製品パンフレットは置いてありません。全ての製品の前には、iPad用のカタログアプリがおいてありました。

・写真右隅の部分をタップすると、店員さんが、飛んできます。
・無造作においてあるのでなく、使いやすいように『設置されている』。
・製品案内以外のサポート、ストアセミナーのツールは、印刷物。
(特色、折加工等に工夫がなされていて、逆に存在感があり、多くの人が持ち帰る

こういうちょっとした工夫が大事なのです。

いろんな事例をニュースサイト、雑誌、本などで目にします。百聞は一見にしかず!で自分の目で見たものを今後も紹介していきたいと思います。

この記事をシェアする:
※作成から7年前 (2603日経過)の記事です。 内容が古い可能性があります。
東日本橋の制作・開発会社 プレスマンのスタッフブログ