開発作業をしている際に、メールが送信される機能が付いている付近を触っていたりすると不意にメールが送信されてしまったりすることがあったので wp_mailによるメール機能の避雷針みたいな感じの物を作ってみました。

作成するにあたって

今回、プラグイン化するにあたってザックリとこんなイメージで作っていこうと思います。
  • 任意のアドレスにメールが送信される
  • wp_mailで送信されるメールが全部、任意のメールアドレスに送信される
  • 本来、wp_mailで送信されるメールの宛先にメールが送信されない
  • 簡単に作成できる ← これ重要
まぁごちゃごちゃ作るよりもパパッと作成していこうと思います。 目次へ戻る

使った関数とか

wp_mail

今回のターゲットがこれ。 フィルターが用意されているので、wp_mailによって送信される宛先をこっちが指定したいものにする。
apply_filters( 'wp_mail', $params ); $paramsの中身はwp_mailの関数で使われる5つのパラメーターが入っている模様。
  • 宛先
  • 件名
  • 本文
  • ヘッダー
  • アタッチメント
これの宛先を変更する。

Setting API

これを使って設定画面を作成する。 普通に作るよりもちょっと手間がかかるけど、細かいデバックとかをしなくてもWordPress側が色々とフォローしてくれる。 今回使ったのはこれ
  • add_options_page
  • add_settings_section
  • add_settings_field
  • register_setting
  • add_settings_error
これで簡単なオプションページが作れる。
目次へ戻る

と、いうことで完成品

送信先にしたいメールアドレスを入力してもらって、保存すればいい簡単設計。 複数のメールアドレスでも改行区切りで入力すれば設定できます。

WordPress.org

公式プラグインとして公開をしているので 自分で作るのがめんどくさいあなたは使ってみてください。

Github

詳しいコードはここをみていただければと思います。
https://github.com/pressmaninc/mail-switcher-for-developer
この記事をシェアする:

プレスマン製 WordPress 公式プラグインの紹介の連載一覧(全6件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東日本橋の制作・開発会社 プレスマンのスタッフブログ