GASシリーズ第二弾
前回は、Googleスプレットシートに「HelloWorld」を表示してみました。

https://www.pressmantech.com/tech/6494

GASは、Googleサービスを操作する以外に、自作APIを公開することができます。
APIサーバーを立てるのって難しそうなイメージだけど、GASを利用すれば、とても簡単です。

目次

  • やること
  • APIを作成する。関数名doGetで作成します。コード例コード例
  • API公開手順①「公開 > Webアプリケーションとして導入」を選択します。②公開設定をします。③APIにリクエストするURLが発行されます。④APIにアクセスしてみます。
  • API修正して更新する際の注意点①コードの修正が終わったら、「公開 > Webアプリケーションとして導入」を選択します。②プロジェクトバージョンのNewを選択して、新バージョンの値を入力します。③最後に更新ボタンをクリックします。
  • まとめ

やること

今回は、APIサーバーを作成して、公開するところまでやってみます。

目次へ戻る

APIを作成する。

関数名doGetで作成します。

コード例

テキストを返す場合

// GETリクエスト処理
function doGet(e) {
  var res = ContentService.createTextOutput('こんにちは');

  return res
}

コード例

json形式でレスポンスを返す場合

// GETリクエスト処理
function doGet(e) {
  var json = {
    text1: 'テキスト1',
    text2: 'テキスト2'
  };

  var res = ContentService.createTextOutput();
  res = res.setMimeType(ContentService.MimeType.JAVASCRIPT);
  res = res.setContent(JSON.stringify(json));

  return res
}

GASでは、POSTリクエストにも対応しています。
POSTにする場合は、関数名doPostで作成します。

目次へ戻る

API公開手順

上記で作成した、APIを実行できるように公開してみたいと思います。

①「公開 > Webアプリケーションとして導入」を選択します。

②公開設定をします。


3項目を設定して、導入をクリックします。

  • プロジェクトバージョン
    任意のバージョン番号を入力します。
  • 次のユーザーとしてアプリケーションを実行
    自分のGoogleアカウントを選択します。
  • アプリケーションにアクセスできるユーザー
    全員(匿名ユーザーを含む)を選択した場合、全員が自由にアクセスできます。
    その他、個人のみアクセスできるようにすることも可能です。

③APIにリクエストするURLが発行されます。

④APIにアクセスしてみます。

postmanを使って、レスポンスが返ってくるか見てみました。
https://www.getpostman.com/downloads/


レスポンスが返ってきてることが確認できました。

目次へ戻る

API修正して更新する際の注意点

以下、手順を行わないと、修正が反映されません。

①コードの修正が終わったら、「公開 > Webアプリケーションとして導入」を選択します。

②プロジェクトバージョンのNewを選択して、新バージョンの値を入力します。

③最後に更新ボタンをクリックします。

よく、API更新忘れがあるため、注意です。

目次へ戻る

まとめ

紹介して通り、とても簡単にAPIを実装することができました。
プライベートで色んなAPIを作って遊んでみたいと思います。^^

この記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東日本橋の制作・開発会社 プレスマンのスタッフブログ