GASを初めて使ってみる人を対象としています。

Google Apps Scriptとは

Googleが提供しているサービスをJavaScriptで操作することができます。

例えば、

  • APIで取得してきたデータをGoogleスプレットシートに自動で書き込んだり。
  • 複数のGoogleフォームの回答状況をGoogleスプレットシートで一元管理したり。
  • Googleスプレットシートで仮想通貨の購入予定リストを作成して、指定時間になったら取引所のAPIで自動購入を行ったり。^^

業務の効率化から私生活の利便性向上といった、様々な用途のツールを作成できます。
アイデアがどんどんでてくる^^ 夢が広がりますね!

◯GASの無料制限
一部のユーザーが過負荷をかけすぎないように、一日あたりのリクエスト回数等を制限しています。
詳しくは、公式サイトの比較表ご覧ください。
https://developers.google.com/apps-script/guides/services/quotas

目次へ戻る

今回やること

1分でGoogleスプレットシートに「Hello World」と入力してくれるツールを作成してみます。
GASでのツール開発は、

  • ブラウザ
  • Googleアカウント

だけでできます。

では、開発をしていきましょう!

目次へ戻る

手順

①空のGoogleスプレットシートを作成します。

  • Googleスプレットシートを開きます。

https://docs.google.com/spreadsheets/

  • 空白を選択します。

②スクリプトエディタを開きます。

  • メニューの「ツール > スクリプトエディタ」を選択します。

③Hello Worldを表示します。

  • 「Hello World」を表示するjsコードを入力します。
function myFunction() {
  // スプレッドシートを取得する
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  // A1セルを取得する
  var cell = ss.getRange(1, 1);
  // 値をセットする
  cell.setValue("Hello World");
}
  • 実行します。(三角マーク)

  • 権限を許可します。

  • 自分のGoogleアカウントを選択します。

  • リクエストを許可します。

  • Googleスプレットシートを見てみましょう。

A1セルにHello Worldと表示されました。

お疲れ様でした。

目次へ戻る

まとめ

とても簡単にGoogleサービスと連携したツールを作成することができます。
これで、自動化できる単純作業をGASで、生産性向上を目指せますね!

目次へ戻る
この記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東日本橋の制作・開発会社 プレスマンのスタッフブログ