先月、招待制のAWSのAIサービスイベントに行ってきました。

Amazonでは、今、たくさんのAIサービスが誕生していて、
そのサービスの可能性を紹介しつつ
AWSの利用者にもっと興味を持ってもらいたい
というのが主旨のイベントでした。

紹介されたAIサービス

今回、AIサービスとして、大きく3つの系統が紹介されました。

・画像、映像系
・音声、テキスト系
・自然言語系

それぞれの系統で、どんなAIサービスが紹介されたかというと、

目次へ戻る

画像、映像系で紹介されたAIサービス

■Amazon Rekognition

Amazon Rekognitionは、深層学習に基づく画像認識により
静止画像や動画ファイルから顔分析を行い、
顔認識・顔検索が出来るようにするサービスです。

例えば、静止画像や動画に写った顔画像から
その人個人を特定するだけでなく、
性別や表情(感情)といった情報を分析します。

また、明るさや、顔の角度の違う写り方をしている人物画像も、
同一人物の画像かどうか判別出来るそうです。

イベント中、デモンストレーション動画が流れたのですが、
本人判別まで、ほぼ数秒レベルでした。

昔、ドラマの中で、ネット上に拡散した画像を消すという
架空のシステムが出てきたのですが、
あながち夢のシステムじゃなくなりそうですね。

■Amazon Textract

ドキュメントを解析サービスです。ただ、Amazon Textractのスゴイのは、
表が入ったドキュメントの表構造も解析出来るところです。

ドキュメントは、PDF、写真画像、スキャナーで出力したものが対応しているので、
黒板やホワイトボードに書いた内容を写真で取って解析して
整形した資料にするとか用途がありそうですね。

ただ、現在はまだ英語のみ対応なので、
日本語対応が待ち遠しい感じです。

目次へ戻る

音声系で紹介されたAIサービス

■Amazon Transcribe

Amazon Transcribeは、動画の人の音声データから
テキストを生成するAIサービスです。

イベントのサンプルではAWSのサービス紹介動画に英語字幕を付けてましたが、
公式サイトの記載には、リアルタイムも対応しているようです。

このサービスを聞いて初めに思い浮かんだのが、
映画の字幕変換です。

耳の聞こえない方は、洋画でも字幕で見るという話を聞いた事があるので、
このサービスがあれば、映画をより早く、低コストで字幕付きにできそうですね。

リアルタイム変換が可能なので、飛行機等の音を出しにくい環境でも
リアルタイムニュースを字幕付きで見るサービスにも適しているかもしれないです。

日本語はこれから対応との事なので、
今後に期待が膨らみました。

■Amazon Polly

Amazon Pollyは、「Amazon Transcribe」とは逆に
テキストを音声に変換して生成するAIサービスです。

今回、個人的に一番驚いたのが、
サンプルデモで聞かせてもらったエフエム和歌山の
人工知能アナウンサー・ナナコのニュース音声でした。

日本語のニュース内容なのですが、
日本語独特のイントネーションにも対応していて
すごく流暢にニュースを読み上げていました。

ちなみに、探してみたら過去の特集記事がありました。

年間1000円、エフエム和歌山のAIアナウンサー「ナナコ」の裏側

年間1000円って、かなりスゴイですね!
アナウンサー、野球場やイベント会場の館内放送、
そういった話す職業が少なくなる日は、
そう遠くなさそうな感じがしました。

目次へ戻る

自然言語系で紹介されたAIサービス

ここまで書いたサービスは既にリリース済みのものですが、
今回のイベントでは、リリースされたばかりのサービスも紹介されました。

■Amazon Personalize

Amazon Personalizeは、渡したデータを元に
個別のレコメンデーションを生成するサービスです。

所謂、Amazonのサイトで商品見た後、
「あなたにおすすめの商品です」
「他にこんな商品が一緒に購入されてます」
「他にこのような商品がチェックされています」
みたいなレコメンド機能の元になってるサービスですね。

このサービスの解説内容で一番驚いたのは、
渡すサービスのデータ形式でした。

ファイルはCSV形式なのですが、
なんと要素は以下のたった3項目のみ!

・USER_ID
・ITEM_ID
・TIMESTAMP

かなりウソっぽいですが、これだけの要素でレコメンデーション出来るのは、
さすがAmazonさん!っといった感じですね。

利用用途は、やはり、サービスの購入・利用履歴に基づいて、
各エンドユーザーに合わせたりリコメンデーションを行うデータを作る
という所だと思います。

「精度向上には、ユーザー・アイテムの数に対して関連データを多く集める事が重要」
とイベントでは紹介されていたので、
それなりのサービス規模の利用データがあれば
かなり精度の高いレコメンデーションが出来る気がしました。

ショッピングサイトの運用者の方々が、一番需要が高そうですね。

■Amazon Forecast

Amazon Forecastは、データを元に
商品、労働の需要を時系列で予測するサービスです。

イベントで說明された予測データ作成手順を簡単に說明すると、
1.まずデータセットを作成。
2.1で作ったデータセットにトレーニングデータ(AIに学習分析させたいデータ)を登録。
3.2でトレーニングデータを登録したデータセットを、データグループに登録。
4.4で作ったデータグループをAmazon Forecastに食べさせる。
5.予測レシピ(予測パターン)を選択して、予測子を作成。
6.5で作った予測子で、4のデータグループを分析して、予測を生成。
といった流れになります。

これで作成された予測は、スパイクなどの異常値に対しても制度の良い予測が可能で、
信頼区間も出力出来るので、まさに、商品、労働系のリソース予測には
ベストマッチな気がしました。

ただ、このサービスに関しては、AWS管理画面上で
多少、ロジカルな操作を必要とするので、
個人的には、先に紹介したAIサービスより若干敷居が高い印象です。

目次へ戻る

まとめ

自社のサービスと組み合わせようとすると
扱ってる業種や運用中のサービス内容に左右されるので、
紹介されたAIサービスを使ってビジネスを考えると
面白いサービスが生まれそうなイベントでした。

まだまだ日本語対応していなかったり、
日本リージョンで使えなかったりしますが、
今後が非常に楽しみです。

目次へ戻る
この記事をシェアする:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東日本橋の制作・開発会社 プレスマンのスタッフブログ