PRESSMAN*Tech

HTML5, CSS3からWordPress, AWS, Docker, Node.jsまで。プレスマンのスタッフが綴る技術ブログ。

AWSを使ってみよう!(その5) - S3のバージョニング

バージョニング、、、バージョン管理ですよね。

前回の記事:
AWSを使ってみよう!(その4) - S3のバックアップ
http://www.pressmantech.com/tech/aws/3279

前回、彼の地(米国?オーストラリア?)に、
バックアップを取ることが出来たと思います。

この設定の際に、バージョニングを有効にしていました。

これって、すごく便利なんです。

誤って、『上書き』なんて場合でも、
簡単に元のファイルを取得出来ます。

それでは確認してみましょう。。。

1.まずは、対象のバケットを開きます。
s3_ver_01
『バージョン』の表示を行います。

2.すると、各オブジェクトのバージョンが表示されます。
s3_ver_02
何やら選択出来そうですね。

3.内容に変更を加えたオブジェクトをアップしてみましょう。
s3_ver_03
新しいファイルがアップされています。
そこで、1つ古いファイルを選択して、ダウンロードしてみましょう。
ダウンロードメニューは、右クリックで開きます。

どうでしょうか。

ローカルに落としたファイルを確認して下さい。

変更前の内容になっていませんか???

これって、ありがたい機能ですよね。

心配なのは、容量ですね。(お金がからみます)

ダウンロードを行ったメニューの中に、
『削除』もありますので、必要応じて実行出来ますので
安心です。

 以下にAWSがアピールしているメリットを記します。

 耐久性
 オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/details/#durability

 低コスト
 お支払いは必要な分だけ。最低料金や前払い料金はありません。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/

 可用性
 Amazon S3 は、1 年でオブジェクトの可用性が 99.99% になるように設計されています。

 安全性
 Amazon S3 は、SSL でのデータ転送と、アップロード後のデータの自動暗号化をサポートします。
 http://aws.amazon.com/s3/details#security

 イベント通知の送信
 Amazon S3 は、オブジェクトがアップロードされたときにイベント通知を送信できます。
 https://aws.amazon.com/s3/details/#events

 高性能
 Amazon S3 は、ネットワークのスループットと回復性を最大化するのに役立つマルチパートアップロードをサポートし、
 エンドユーザーに近い AWS リージョンを選択してデータを保存することでネットワークレイテンシーを最小にできます。
 また、Amazon S3 は、レイテンシーが短く、データ転送速度が速く、最低使用料のないエンドユーザー向けの
 コンテンツ配信ウェブサービスである Amazon CloudFront と統合されます。

 統合済み
 Amazon S3 はその他の AWS サービスと統合されているため、Amazon S3 のデータを簡単にアップロード/ダウンロードでき、
 さまざまな AWS サービスを使用するソリューションの構築が容易になります。
 Amazon S3 の統合には、Amazon CloudFront、Amazon Kinesis、Amazon RDS、Amazon Glacier、Amazon EBS、Amazon DynamoDB、
 Amazon Redshift、Amazon Route 53、Amazon EMR、AWS Lambda が含まれます。

 使いやすさ
 Amazon S3 は、ウェブベースの管理コンソール、モバイルアプリケーション、完全な REST API や SDK と合わせて使用でき、
 サードパーティ製のテクノロジーと統合するのも簡単です。

投稿者:abe

abe の紹介

インフラを担当しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちと一緒に働きませんか?

株式会社プレスマンでは、AWSが大好きな方、仕事を通してさらにスキルを磨きたい方を募集しています。まずは募集職種をご覧の上、お気軽にお問い合わせください。あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

プレスマンの採用情報を見る →

コメントは受け付けていません。

▲ 先頭へ戻る