前回の記事:
AWSを使ってみよう!(その5) - S3のバージョニング
http://www.pressmantech.com/tech/aws/3365

前回の記事に、
『心配なのは、容量ですね。(お金がからみます)』
と記しました。

バージョニングは、
誤って『上書き』した際に、
過去のオブジェクトを復活出来ます。

大変便利ですが、
バージョン毎にオブジェクトが保存されますので
容量が増え続けてしまいます。

前回の記事にも記しましたが、
手動で削除することは可能です。

そこで、『ライフサイクル』の登場です!

S3のバケットに、
ライフサイクルを設定して、
『古くなったバージョン』のオブジェクトを
『自動削除』とか『自動保存』(Glacier)して行きましょう!

今回は、
『自動保存』を例に進めたいと思います。

『自動保存』の保存先は、
Glacierになります。

こちらは、
『低コストのストレージサービス』になります。

Amazon Glacier
https://aws.amazon.com/jp/glacier/

料金は、以下のとおりです。

ストレージ料金表
https://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/

S3のスタンダードストレージのおよそ1/3ですね。

それでは確認してみましょう。。。

1.まずは、対象のバケットを開きます。
s3_ls_01
『ライフサイクル』を表示し、『ルールを追加する』の選択を行います。

2.『ライフサイクルルール』が表示されます。
s3_ls_02
『バケット全体』を選択します。
※プレフィックスでフォルダを選択することも可能です。

3.『以前のバージョン』を『Glacier』にアーカイブしてみましょう。
s3_ls_03
ここでは、10日後としました。

下の方へスクロールして下さい。

s3_ls_04
例が表示されています。
分かりやすいですね。

注意として、
『Glacier へ小さなオブジェクトを移行すると費用が増える場合があります』
が表示されています。

1オブジェクトに対して、
42KBのデータが付与されます。

コストが1/3なので。。。

(42KB ÷ 2) × 3 = 63KB

63KB(Glacier)と21KB(スタンダードストレージ)の金額が
同じくらいになるはずです。

なので、
21KB以下のオブジェクトが多いと、
コスト的なメリットはあまり得られません。

こちら、OKでしたらチェックを入れて、確認を押下します。

s3_ls_05
最終確認です。

分かりやすい『ルール名』(入れなくても可)を入力して、
『ルールの作成と有効化』を押下します。

s3_ls_06
新しい『ライフサイクルルール』が追加されました。

どうでしょうか。

しばらくすると、
ストレージクラスの部分が
『スタンダード』から
『Glacier』に変わっていることが確認出来るかと思います。

あと、
ライフサイクルルールに、『完全に削除』を追加して、
(もしくはアーカイブを止めて)
更にコスト重視にしても良いかもしれません。


『Glacier』ですが、復活するには、時間が掛かります。
こちらは、今後紹介したいと思います。

 以下にAWSがアピールしているメリットを記します。

 耐久性
 オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/details/#durability

 低コスト
 お支払いは必要な分だけ。最低料金や前払い料金はありません。
 http://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/

 可用性
 Amazon S3 は、1 年でオブジェクトの可用性が 99.99% になるように設計されています。

 安全性
 Amazon S3 は、SSL でのデータ転送と、アップロード後のデータの自動暗号化をサポートします。
 http://aws.amazon.com/s3/details#security

 イベント通知の送信
 Amazon S3 は、オブジェクトがアップロードされたときにイベント通知を送信できます。
 https://aws.amazon.com/s3/details/#events

 高性能
 Amazon S3 は、ネットワークのスループットと回復性を最大化するのに役立つマルチパートアップロードをサポートし、
 エンドユーザーに近い AWS リージョンを選択してデータを保存することでネットワークレイテンシーを最小にできます。
 また、Amazon S3 は、レイテンシーが短く、データ転送速度が速く、最低使用料のないエンドユーザー向けの
 コンテンツ配信ウェブサービスである Amazon CloudFront と統合されます。

 統合済み
 Amazon S3 はその他の AWS サービスと統合されているため、Amazon S3 のデータを簡単にアップロード/ダウンロードでき、
 さまざまな AWS サービスを使用するソリューションの構築が容易になります。
 Amazon S3 の統合には、Amazon CloudFront、Amazon Kinesis、Amazon RDS、Amazon Glacier、Amazon EBS、Amazon DynamoDB、
 Amazon Redshift、Amazon Route 53、Amazon EMR、AWS Lambda が含まれます。

 使いやすさ
 Amazon S3 は、ウェブベースの管理コンソール、モバイルアプリケーション、完全な REST API や SDK と合わせて使用でき、
 サードパーティ製のテクノロジーと統合するのも簡単です。

AWSを使ってみよう!の連載一覧(全21件)

※作成から2年前(772日経過)の記事です。内容が古い可能性があります。
東京都東日本橋の株式会社プレスマンPRESSMAN*Tech