今回は、全3部構成の第2部として、
会員管理プラグイン「Simple Membership」の拡張プラグイン「Form Builder Addon」
を書いていきます。

ちなみに、全3部構成になっています。

第1部 会員管理プラグイン「Simple Membership」の使い勝手
第2部 会員管理プラグイン「Simple Membership」の拡張プラグイン「Form Builder Addon」について
第3部 会員管理プラグイン「Simple Membership」の会員限定記事に関する課題

「Simple Membership」の機能だとユーザー登録項目が少ない

会員管理プラグイン「Simple Membership」ですが、
デフォルトで用意されている登録項目は下記のみです。

・ユーザー名
・メール
・パスワード
・パスワード再確認
・名
・姓
・会員レベル(固定表示)

目次へ戻る

ユーザー登録項目を増やすには有料addon「Form Builder Addon」

プログラムを見てみたのですが、
登録項目を増やすfookはありませんでした。

独自で作るのは現実的ではないので、
素直に公式の有料addon「Form Builder Addon」の利用を
オススメします。

Simple Membership – Form Builder Addon

目次へ戻る

「Form Builder Addon」の使い方

「Form Builder Addon」ですが、
プラグインをONにすると管理画面のWP Membershipのサブメニューに
「Form Builder」というメニューが増えます。

「Form Builder」の設定画面に遷移すると、
下記の3つのタブが表示されます。

・Form List(ライセンスIDを設定しなくても使えます)
・New Form(ライセンスIDを設定しないと使えません)
・Product license(ここで有料ライセンスIDを登録します)

使い方としては、まずプラグインを有効にして、

1.「Product license」タブからライセンス設定。
 これをしないと、新規フォーム登録の「New Form」タブが操作できません。

2.「New Form」タブからカスタム作成するフォーム名を登録。
 「Simple Membership」で作った会員レベル毎に、1フォームしか作れないので、
 その点は注意して下さい。

3.「Form List」タブから、「New Form」タブで作ったフォームにカスタム項目追加。

です。

直感的なUIなので、使い勝手としては
分かりやすいという印象です。

但し、利用する上では、1点、大きな注意点があります。

それは、この「Form Builder Addon」の設定データや追加登録項目の値の保存先が、
全てこのプラグイン専用の独自テーブルになっている点です。

目次へ戻る

追加項目だけ「Form Builder Addon」の独自テーブルに登録される

「Simple Membership」が独自テーブルに登録に保存されるだけでなく、
「Form Builder Addon」も別途専用の独自テーブルに登録されます。

つまり、
「Simple Membership」で会員登録すると
会員の基本情報は「Simple Membership」専用の独自テーブルへ保存され、
「Form Builder Addon」で増やした登録項目は、
「Form Builder Addon」専用の独自テーブルの方に保存される訳です。

目次へ戻る

公式の会員ダウンロードプラグインに追加項目が入らない

ここで一番困った事になるのが、
登録された会員情報をダウンロードしたい場合です。

「Simple Membership」の公式には、
会員情報をダウンロードする無料プラグインがあります。

Member Data Exporter Addon

Simple Membership – Member Data Exporter Addon

但し、このプラグインは、「Simple Membership」の独自テーブルしか参照していないので、
「Form Builder Addon」で追加された登録項目は一切ダウンロードに含まれません!

「Simple Membership」の管理顔面での検索機能は、
WordPress標準の記事一覧のキーワード検索レベルしか付いてないので
正直、この仕様は結構困る方が多いのではないでしょうか?

今回は、運用で登録情報をダウンロードする必要があったので、
自分で「Form Builder Addon」の独自テーブルの情報も持ってこれる
独自のダウンローダーを作りました。

公式の方には、正直、
この仕様だけは
なんとかして頂きたい気がします。

そして、後で分かったことなのですが、
「Simple Membership」自体に1つ大きな課題があります。

利用方法にもよりますが、恐らく、多くの場合は、
実際運用して時間がたってからでないと
出てこない課題だと思います。

詳しくは、

第3部 会員限定記事に関する大きな課題

に続きます。

この記事をシェアする:

この記事へのコメント:

    jut 2019-07-18 20:32:39  返信
    有料でForm Builderを購入したもののエラーメッセージが日本語化できずに苦しんでいる人へ

    Simple Membership本体の日本語化も大変でしたが、こちらの日本語化も苦しみました(そもそもこのプラグインがうまく訳されない原因になってるとは気づきませんでした)。

    下記が解決方法です。はまっている方のご参考になれば。

    (対策)
    (1)
    ~/wp-content/plugins/swpm-form-builder/classes/class.swpm-form-builder.php
    $translationsで定義された配列内の日本語コードを`ja_JP`→'ja'へ変更
    (2)
    ~/wp-content/plugins/swpm-form-builder/js/i18n/datepicker/datepicker-ja_JP.jsをdatepicker-ja.jsにリネーム
    (3)
    ~/wp-content/plugins/swpm-form-builder/js/i18n/validate/messages-ja_JP.jsを
    messages-ja.jsにリネーム

    (原因)
    グローバルに定義されたlocaleが何故か日本語だけ多言語と違いja_JPではなくjaで定義されているから。simple-membershipのpoファイルやjsディレクトリのvalitetion関連のファイルやsimple-form-builerのpoファイルをいじってもどうにもならないのでご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

東日本橋の制作・開発会社 プレスマンのスタッフブログ